革とカメラとコピーライターの戯言。

革とカメラと食べ歩きが好きな福岡のコピーライターが書く戯言です。

iPhoneケース作りなおし。今度はコードバン(馬革)で自作



◆革が分厚くてポケットがかさばる

iPhone固定する位置が右左逆だった


先日もサドルレザー使ってiPhoneケース作ったんですけど、以上の2点の理由でまた作り直しました 笑


ちなみに前回作ったのはコレ↓



革が良いので見た目割とよく見えますけどステッチガタガタだし、とにかくiPhone固定した位置逆だったのが致命的だったのでわずか一週間も経たずにお蔵入りです。



今回はコードバンと呼ばれる高密度な馬のお尻の革を使用。

仕入れは東急ハンズ博多店4階にあるSEIWA博多店さん、たまにコードバンのハギレが売ってるので逐一チェックしてます。


ようやく整ってきたステッチ(縫い目)


工業用の革ミシン持っていないので、ぼくが作る革小物は全て手縫い。

ベルトのような長いものにステッチ入れるときはなかなか心が折れそうになりますが、今のところ革細工が楽しくて楽しくてしょうがないお年頃(32)です。


今まではなかなかうまくステッチ縫えなかったんですけど、なんでですかね?今日急にまっすぐ縫えるようになったんですよ 笑


いや、バリうれしい。



個体独特のシミやシワ、傷に虫食いの跡などが残ったままのワイルドな革も好きなんですけど、コードバンのように派手過ぎず、でも気品ある光沢がある革も大好きです。


コードバン使うなら、ステッチのピッチ(間隔)は狭くした方がよかろうな」


との予測がヒットして、なかなかの仕上がりになったと自負してます。


この均整のとれたステッチの縫い方忘れないために、お蔵入りしたiPhoneカバーに菱目打ちで穴を開け、革用の縫い針使って縫い縫いしてみました。






縫いに自信持てるようになるとまた色々作りたくなりますね。


もっと腕あげるぞー。