コピーライター的、戯言目録。

革とカメラと食べ歩きが好きな福岡のコピーライターが書く戯言です。

【やや卑猥】昭和のエロを堪能してきました

11/3(土)、北九州市若松区高塔山の中腹にありますベラミ山荘にて開催された「ぬけない展」にお邪魔してきました。



「ヌく」という単語には猥・非猥さまざまなニュアンスが含有されていますが、今回の展示はもちろん猥な方。



いつものベラミと違い園庭で物言わぬお姉さんが出迎えてくれます。




いきなりひとりで展示に行くのもアレだったので、山荘内にあるアンティークショップでしばしそわそわしました。



最後の写真のトムトジェリーがあつらえられた何かを購入。600円。カワユスですな(^ω^)



中学校からの野球部の友人を当日朝誘い、無理矢理展示に引っ張り連れます。ぬけない展、想像より3倍は卑猥でした。

1本16,000円のビデオとか1本6000円のエロカセットテープとか


展示は2部屋に分かれています。主催の古家(♀)さんとはちょっとしたつながりで、ディープな部屋の方から案内されました。


いつものベラミと違う、ムワッとかおってきそうなレトロエロポスターが。



ポスターの雪崩を抜けると1980年代の企画ものAVがふつうに流れていました。なんでも、エロ雑誌の編集局を女性レポーターが訪れてそこで社員とヤるみたいな流れです。モザイクは強めでした。



テーブルには所狭しとアダルトビデオ(VHS)が並びます。



昔のAVたっか!!16,000円とか、いまやスマホ一つで無修正モノとかガシガシに観れるの考えるとなかなかの値段です。


壁面もエロ&エロ&エロ。


ここまでくると目のやり場にも困りません(・ω<)



雑でリアルなダッチワイフとその周辺


恐怖すら覚えました。およそ40年前の青少年たちはこんな玩具で慰みを受けていたのでしょうか?なぜ局部にビスコがあるかわかりませんが、ビスコのコピーは好きです。

おいしくてつよくなる。
ビスコ


人形周辺には使い終わってそうなティッシュ(トイレットペーパー?)とか即席ラーメンとかが散乱しています。なんですかね、全体的にこう むわぁ っとイカ臭そうにおいがきそうで雰囲気がリアル。


まだ女性を知らないとき、お人形さんに興味持たないタイプの男の子でよかったなぁと思いました。

どストレートでなぜか手書き風なカセットテープ



すごいですね。小さい頃、カセットテープ使って自分の声録音して遊んだりしてましたけど、こういう商品があったなんて。しかもソコソコ高い。1本4,000円〜6,000円くらいでした。


ってかこのパッケージング。なぜ手書き風?盗撮モノだから?


ライトなルームのはずだったんですが、この部屋のBGMずっとあんあん言ってました。まだ純朴な中学生くらいだったら、前屈みになって歩いていたかもしれません。慣れと加齢とは恐ろしいものです。



「あなたは恋人はきまりましたか!!」


ちょい前後しますが、ダッチワイフ氏のチラシまでありました。職業柄こういうの見るのめっちゃ楽しいです。



チラシ中盤にあるコピー、


「あなたの恋人はきまりましたか!!」


なぜあせらせる。「あなたの恋人は決まりましたか?」じゃダメだったの?せっかちなんだから、もう。


あと全お人形さんの口元がZZガンダムに出てくるαアジールのそれと酷似してたのが個人的にツボでした。




別のお人形さんチラシ。完全にリ◯カ◯ちゃん人形ですね。しかも身長40cm。絶妙な高さwww これで何して遊ぶの?気持ちいいの?

まとめ


というわけで秘宝館的なイベントでとても楽しかったです。


こういうのまた行きたいなぁ。