革とカメラとコピーライターの戯言。

革とカメラと食べ歩きが好きな福岡のコピーライターが書く戯言です。

弱ったな


困ったな」と「弱ったな」では、同じような悩みを抱えていたとしても相手に与える印象が変わります、不思議なもんです。


困ったな」はそのまんまですね。何ぞこの人なにか大変な思いでもしよんやなかろうかという印象を受けます。



弱ったな」はそれに対してなんですかね、ヌフフと小笑いしながらその状況を楽しんでいるフシもあります。


困ったなも弱ったなも受動的ですが、相手に与える印象はおいそれと変わってきますよね。ぼくは「弱ったな」ってあまり言えない人生な気がしてます 笑


おしまい。


文字数245 執筆時間2分