革とカメラとコピーライターの戯言。

革とカメラと食べ歩きが好きな福岡のコピーライターが書く戯言です。

ホームページは更新しない方がいい

CMSが流行りだし、ホームページ自体にブログ機能が付いている。でも更新は2年前くらいでストップしてたり、訳のわからないスタッフのランチ日記プライベート日記に成り下がってしまってアクセスも全然あがらない。





割とそういうところ多いように思います。



1日アクセス30くらい、超弱小ホームページの異彩ですが、ありがたいことにお問い合わせ、たくさんいただいています。



先日も事業のキャッチコピーを作って欲しいとの問い合わせがありました。



おそらく理由は「中途半端な内容のブログをあげず、できるだけリアルで具体的な情報を配信しているから」と思っています。


問い合わせの際も、内容冒頭に「ブログ見ました!」といったような字面が並びます、いやマジで。


なので楽ですよね、やりとりとかもある程度うちのスタンスとか知ってくれた前提でお問い合わせいただけるので。


量より質?


ことブログ更新に関して「質より量」といわっしゃれる(言われる)方もいるようですが、ぼくは「量より質」と思っています。


理由は2つ。


1.ブログを見させられる側の意図を汲むため
2.情報過多すぎて当たり障りのない情報はもはや形骸化しているため


なんとなく自社ホームページにワードプレスをはじめとするCMS入れて、なんとなくブログ更新して〜程度に考えられているならぼくは更新しない方がマシだと思っています。


わざわざ手間暇時間かけて自社のネガキャン(当人は気づかない)やる必要ないです。


おしまい。


文字数657 執筆時間4分