コピーライター的、戯言目録。

革とカメラと食べ歩きが好きな福岡のコピーライターが毎日書く日記です。

ホームページからキャッチコピー作成のご相談いただきました



久しぶりに異彩(ぼくが回してる広告広報事業です)のホームページから問い合わせがありました。



ご相談内容は新規事業のキャッチ作成


商品やサービスのコピーではなく事業全体として、とういうことでした。タグラインに近いものかもしれません。


ジャンルも食と農業に関するもので、最近めっきり自然回帰的な案件ばかりしてるぼくにとってはうれしいばかりです。


まだ、正式に案件が決まったわけではありませんが、繋がるといいなぁと切に思います。


気持ちよく仕事できた後は、代表者の方にご紹介したいひともたくさん。ぼくも九州の食や植木に関する仕事に関わってるので、お話も早そう。

キャッチコピーだけの依頼は結構久しぶりかも


コピーライター名乗ってるのでもちろんキャッチコピー書く仕事はしてます。


ただ最近、ホームページ、チラシ、名刺の作成にキャッチコピーの作成含みの案件が多かったので、コピー単体のお仕事に多少興奮気味。


「キャッチコピーなんて数文字だからすぐに安くできるでしょ」


なんて言ってくるひとも寄り付かなくなってきました。いい傾向いい傾向。


よーし、がんばるぞ〜(・ω<)


文字数504 執筆時間3分