革、カメラ、コピー。

革とカメラと食べ歩きが好きな福岡のコピーライターが書く戯言です。

レザーブランド Nature Craft.(ネイチャークラフト)を立ち上げて

こんばんは、ブログ書くときってこういう時系列のあいさつするのどうかな?なんて思ってしまいながらもなんとなく書いてしまう、福岡のコピーライター田中です。

はてなブログ毎日更新も6日目となりました。どんなに忙しい時でも絶対欠かさず毎日更新します。



さて今回は、自身で立ち上げたカメラユーザー向けレザーブランドNature Craft.について少々。


カメラ用レザーストラップとレザーバッグの製造販売、レザーワークショップの企画運営などを主に行っています、、、とはいえ、まだ製品できてなくてワークショップしかやってないんですけどね 笑

おかげさまで2018年6月9日に第2回目となるワークショップの開催が実現しました。

1回目はNature Craft.単独での主催でしたが、2回目は北九州市若松区にある写真と雑貨のお店「虹のいろいろ」様から出張ワークショップのご依頼をいただき開催するに至りました。

Nature Craft.ブランドコンセプト。

f:id:dieki131:20180619014909j:plain



「やがて、土に還る革。」

をブランドコンセプトとし、シンプルで、上質で、ナチュラルな商品開発、企画運営を行っています。

人と自然に適さない化学素材を使わず、そのまま森に捨てても養分として土に還っていくような商品をつくりたいなぁと思っています。

幼い頃から両親にキャンプに連れ回され、棒ひとつあれば森の中で4時間は遊べる精神を培ったぼくにとっては重要な考え方です。自然から学んだことは勉学より遥かに重要でおおらかだと思っています。





「野遊び」という言葉、アウトドアブランドのスノーピークをご存知の方にとってはおなじみでしょう。少し、そこを踏襲したい思いもあります。

本能に刷り込まれた自然。

ぼくが住む福岡市も、近隣はまあ、灰色だらけです。意識しないと土に触れることなく一日を終えますし、ああ、深呼吸したいなぁなんて思う空気に触れ合うこともありません。


他でもない人間も自然から生まれてきた生き物です。自然に囲まれて心地よさや開放感を得るのは理屈で武装するに値しません。感覚で、本能で自然を感じられる能力が備わっているものと考えています。


そこのところ忘れがちなライフスタイルを送ってるなぁと自分でもつくづく感じます。自然を感じない生活が悪いとはいいません。でも、日常に土や草、水や木々と触れる瞬間があれば、もっと元来の生物らしい感覚に満たされるのではないかと思うわけです。

川の流れをなんとなく眺めてみる、キャンプファイアーをぼんやり楽しむ。水や火だって人の心を鎮め癒してくれる源泉です。Nature Craft.というブランドを通じて、なんでもない自然の素晴らしさ、生き物のエネルギー、手仕事の美しさなど、僅かながらでも感じていただけると嬉しいなと考えています。

スタッフはわずかふたり

ブランド立ち上げた、なんていうとなんだかイサって聞こえますがなんのことはありません。スタッフはコピーライターであるぼくと職人さんのふたりだけですから 笑



f:id:dieki131:20180619014959j:plain

↑発起人・コピーライターの田中



f:id:dieki131:20180619015011j:plain

↑ベラミの靴職人

なんでも言ったモン勝ちかな?なんて甘い考えでいます。大事なことは動いているかどうか。なので、うちのブランドも製品ひとつもないままブランドをスタートし、それなのに2回のワークショップとも参加者95%以上の集客を達成しています。ちなみに、広告費はほぼかけていません。

広告広報業界で得た知識をブランドに合わせ最適最大限に活用。


発起人の田中は、なんとか8年広告広報事業を運営している身です。得意なのはマクロな案件。個人店舗さんや中小企業さんがクライアントに多く、大手と競合せずどうファンを見つけて潤っていくかを常日頃考えています。

もちろんその知識のすべてを用い、ブランドを育てていくつもりです。


考え方として「なんかいいね・なんか楽しそう、をつくり続ける」を意識しています。カメラストラップをつくるワークショップもまさにそれ。


カメラストラップやカメラバッグを売りつけるつもりなんて毛頭ありません。

うちのブランドに価値を見出してくれる方、魅力を感じてくださる方、愛してくれる方に適正価格でご購入いただきたいです。

どうせなら、ご自身で理想の製品をオーダーしていただくのもGOOD。



ディスプレイ上のやりとりで終始せず、その方とお会いして、何度も打ち合わせて試行錯誤を重ねて製品をつくる。ロマンがありますよね、楽しいですよね。

ぼくと職人さんふたりが楽しむこともブランドを守るためにとても重要だと思っています。

まとめ


またなんか方向性がよくわかんなくなってきたのでこの辺りで終わります。ここまで読んでくださり、ありがとうございました。もし、ウチのブランドに少しでも興味持っていただけたなら、以下のURLからサイトに移動できます。

カメラレザー
Nature Craft.(ネイチャークラフト)
http://craft-pl.com


文字数2116 執筆時間10分