革、カメラ、コピー。

革とカメラと食べ歩きが好きな福岡のコピーライターが書く戯言です。

同じ内容のラブレターで複数の女性を口説くという愚行

こんにちは、毎日更新5日目。いい感じで続いてます、福岡でコピーライターしてる田中です。


本日も広告論といいますか、制作や広報に関するベースとなる考えをぼくなりにまとめたいと思います。結構シンプルなことなんですが意外とできてないケースが多く、ここを見直すだけで各種レスポンスがグイグイっと上がることも充分考えられますので、いやでもまあフリーランスのいちコピーライターの戯言なのでそんな見る必要もないかなぁ 笑笑



↑全く記事と関係のないまどべのむすめ


5人の女性を口説き落としたい←あなたの口説き文句は1通り?


まず5人口説こうとしてる時点でアレですが、例えばあなたが男性で、5人の女性を口説こうとしたとき、同じ口説き文句を使い回す なんてナンセンスなことしないですよね?


5人それぞれのことを思い描き、どんな言葉が響くか入念に入念に熟考するはずです。それはラブレターを書くときでも同じですよね。ラブレター、ぼく人生で一度も書いたことないですけど、対面での告白と違って記録が残るのである意味取り返しがつきません 笑


さてこの考え方、広告に置き換えて見ましょう。


あなたはとある会社の経営者。自社の事業内容等を案内する会社のパンフレットを手元に持っています。あとは対お客さん向けのキャンペーンチラシ。はい、そこで、何かしらのご縁で地元の就職フェアに呼ばれることになりました。ブース出展です。本来なら2日間の出展で28万かかるところが今回無料!!


高騰する人材獲得単価を考えればこれ以上のチャンスはありません。


なのに!


ブースに置くのは会社案内のみ...漠然と御社のことを知ることはできても、求職者が求める情報を果たして提供できているでしょうか?


そんなこと有り得ないですよね?だって、求職者は会社情報だけでなく、よりリアルでイメージしやすい給与・福利厚生・待遇・休日や今後の社の方向性、求める人物像、どんなスタッフが働いているのか?など、就職に関する情報が欲しいわけですから。


これ、ラブレターの投げ違いしちゃってるパターンですね。ぼくもよく、就職フェアの運営サポート等で現場にお邪魔することがあるのですが、まさかの大手さんでも採用専用の武器を持ってないことあるんです。ビビりました。


ペルソナとかどうでもいいので現実的なカテゴライズを



↑ペルソナ=仮面の意味を持ちます。写真は甥っ子


さてさて、この辺りの話、広告業界でいう「ペルソナ設定」の領域となってきます。なんかカッコいいですよね、ペルソナ。「仮面」って意味です。こういうそれっぽい言葉知ると、やたら使いたがる人いますよね!インプットとかアウトプットもそう!使うだけ!できてないのに!なんそれ変なの!


ペルソナなんて難しく考えず、販促物(チラシ・ポスター等)を作る際には「だれに」「どんな人に」届けたいのかをまず考えるようにしましょう。とってもシンプルなことなのに案外抜けがちです。あと最も重要なことは、ペルソナを設定することではなく、そのペルソナのライフスタイルを綿密に想像し、時にはペルソナに当てはまりそうな知人や他人に話を聞きながら、その人がどういう思い願いや悩みを持っているのか書き出すことです。



その望みや悩みにダイレクトに響くコピーやデザインに仕上がれば、勝手に得たい成果はあがります。もちろん期待以上の成果をあげることは並大抵のことではありませんが、意識して訓練すれば身につきます。なにごとも仮定・実践・反省改善の繰り返しですよね。

ペルソナはグループと個人で決めるべき


ここからはまた持論になりますし、この内容だけでたぶん2万文字くらい軽く書けるので触りだけ書きます。


ペルソナ設定をする際、多くの方が「対個人」で設定されているようです。ぼくの周りだけかもですがそういうことにとりあえずさせてください。んですが、なかなかこの個人だけだとスケールの効かない広告になりがちです。


なのでぼくはペルソナ設定をする際「個人」という1個体と「グループ・コミュニティ」という小集団をペルソナにします。※方法はまた別記事で


キモは「多くの人をターゲットにし過ぎず、でも個人にもしっかりと『あ、これわたし・おれのことだ!』と思ってもらえる個別性も表現すること」。めっちゃむずいです。でもうまくいくとチラシのポスティングで反応率3.3%なんていう爆裂的な数字が上がります。

まとめ


前回手抜きだったのでちょっと真面目に書きました。でもまあこんなこととかも論より実践あるのみですよね!


特にダイレクトマーケティング系の案件好きなんですけど、下記の本が良著すぎて、広告業界に携わってない方にも是非見ていただきたいです。


禁断のセールスコピーライティング

禁断のセールスコピーライティング



文字数2405 執筆時間14分